MEMBER に関する記事一覧

  • 組織の「対話力向上」とは?FICCが全社でジェンダーを学び、アンコンシャス・バイアスに向き合う理由

    昨今、「多様性」という言葉をよく耳にするようになりました。とりわけビジネスの世界では、企業経営のキーワードとして「多様性」が用いられています。しかし、現状では女性の活躍...

  • 広報の仕事は「人と人をつなぐこと」。広く報じるだけでなく、深く届けるために。

    「広報」と一言で言っても、その仕事内容は多岐に渡ります。FICCの広報は、どんな考え方でどんな仕事をしているのでしょうか。東京・京都と距離がありながらも、現在二人三脚体...

  • シエンプレ × FICCで、ブランド価値を「守る」「伝える」。 炎上リスクに振り回されず、本質的なブランドメッセージを伝えるためには

    SNSのユーザー数の増加とともに、近年増えている「炎上」リスク。ブランド側がそのリスクを気にしすぎるあまり、本当に伝えたいことが伝えられなくなったり、クリエイティブがす...

  • 関わる全ての人に「意義のある伴走者」を目指して。FICCのBX事業部長が目指す価値提供の姿

    今回インタビューをしたのは、FICC BXクリエイティブ事業部で事業部長を務める満留 幸治。前職でマネジメントの経験を積んだ彼は「事業づくりにおいて、社内外関係者全員...

  • 異業界からアカウントコンサルタントへ転身。戦略思考を武器に新チームで挑戦したいこと

    FICCでは、様々なバックグラウンドを持つスタッフが、それぞれの強みを活かしながら活躍しています。今回紹介するメンバーは、メディア・プロモーション事業部に所属する瀬田 ...

  • コミュニティとの繋がりを探求し続ける。現場出身メンバーが経営推進サポートへ行き着いた理由

    今回インタビューをしたのは、FICCの経営推進サポートに所属する藤掛 洋平。大学卒業後の2014年にFICCへ入社しメディア・プロモーション事業部で活躍。そして2020...

  • 寄り添うシンクタンクのようなチームを作りたい。FICCブランドを問い続ける取締役が目指す未来

    今回インタビューをしたのは、FICCで取締役(CRO)を務める戸塚 省太。海外での学生生活を経て、2005年よりFICCへジョインするまでの道のりや、現在監修している経...

  • 祭の楽しみは、守ることにあり。変わらないために変わり続ける『祭エンジン』の挑戦

    FICCには、ブランドの商品やサービスのプロモーション領域で、企業の生活者に対する活動を支援する部署があります。関東・関西の2拠点にあり、地方だからこそできる支援を行っ...

  • ビジュアル重視?ストーリー優先?異なるアプローチから見えた個を活かすクリエイティブとは|ヒト×キョウミ #01

    (左から)東京メディアプロモーション事業部 増田 巧、高木 健佑、森田 雄、河田 秋菜、於保 京平FICCには全スタッフ共通用語として「Sparkjoy(スパークジョイ...

  • 全スタッフが自宅から参加したオンライン年末全社会を大公開。人との繋がりを考え直すリモート環境下でのコミュニケーションとは?

    FICCでは、全スタッフが集う年末全社会を開催しています。この日は参加者が普段の業務を忘れ交流を楽しむ大切な場所です。去る2020年12月18日に「2020年度年末全社...

  • 全社リモートワークに切り替え中のFICCが行っているコミュニケーションとは

    新型コロナウイルス感染対策のために、新しい働き方として始まったリモートワーク。FICCでは2020年3月からスタートし、年末まで継続することが決定しています。通勤電車の...

  • 社員それぞれを認め、主体的なアクションを後押しするFICCの取り組みとは

    先日行われたwevoxのイベントに登壇した弊社プロデューサー加田木先日行われたwevoxのイベントに弊社プロデューサーの加田木が登壇しました。wevoxとは社員へのアン...