MISSION

LEADING BRANDS TO DIGITAL

ブランドをデジタルへリードする

FICCはデータに基づく論理的なマーケティングを提供するデジタルエージェンシーです。消費者に価値あるコンテンツと体験を届けるため、戦略立案から施策実行まで一貫して提供しています。

私たちは日本のデジタルマーケティングを世界水準に引き上げ、消費者に新しい価値を提供することで、社会に貢献できると信じています。

デジタルマーケティングのプロフェッショナルとして、ブランドの欠かせないパートナーとなることで、デジタルとデータが日本のマーケティングの中心を担う世の中を創り、改革していきます。

WHAT WE DO

DATA-DRIVEN MARKETING

あなたのビジネス課題を確実に解決するデータドリブンなマーケティング

FICCはブランドが抱える様々なビジネス課題を解決するため、データに基づくマーケティングに取り組んでいます。

テクノロジーの進化にともなって獲得できるようになった詳細なデータは施策実行時の広告配信最適化だけでなく、マーケティング戦略や、ブランド戦略など、様々なマーケティング判断に活用することができます。

データドリブンなマーケティングの利点は、数ある可能性の中から統計的な数字に基づき、正解を発見できることです。
マーケターの感覚だけに頼ることなく、データによって消費者個々を把握し、PDCAにより成果の継続性を保ち、高い利益率を実現します。

私たちはデータを通じて消費者の心を理解することで、科学的に再現性のあるブランドを創り出し、ビジネス課題を確実に解決します。

PHILOSOPHY

FIND A BETTER WAY

より良い方法を追求する

私たちは、データやテクノロジーの先に、たくさんの喜びや感動が待ち受けていると信じています。しかし、そのような新しい価値を創りだすためには、今までにない取り組みに挑戦しなければいけません。常に変化するデジタルの分野では、新しい技術や手法が生まれ続け、「十分な知識を持つ」ということは不可能です。私たちは、新しい価値が存在する未来に向けて、学び、創り続けることで、A BETTER WAY(より良い方法)という理想を追求し続けています。

デジタルマーケティングは、今後需要が大きく伸びる分野です。確かなスキルやノウハウを持った人材の中でも、新しい価値を創り出す人は、ブランドにとって最も貴重な資源となるはずです。私たちは、将来的に大きな価値を持つ人材を育成するために、今まで解決できなかった問題に積極的に挑み、人やテクノロジーの新たな可能性を引き出し、限界まで品質の向上に取り組み続けます。

株式会社エフアイシーシー 代表取締役
荻野 英希