LEADING BRANDS TO PURPOSE

WE ARE A BRAND MARKETING AGENCY

FICCはパーパスと人の可能性でイノベーションを起こし、 社会価値と経済価値を創造するブランドマーケティングエージェンシーです。
データに基づく論理的なマーケティングにより、ブランド戦略・マーケティング戦略からプロモーション実行まで提供し、ブランドの成功を通じて社会に貢献していきます。

あらゆるブランドと人がパーパスによって、未来を創り続けている世界の実現

SERVICE

INNOVATION THROUGH PURPOSE

パーパスによるイノベーションを通じて、ブランドを成功へと導く

FICCは、機能や技術によるイノベーションではなく、ブランドの社会的意義によるイノベーションこそが、新たな市場を創造し、競合優位性となるマーケティング資源となると考えています。

ブランドに社会的意義が必要とされる時代において、一貫性のあるコミュニケーションは欠かせなく、ブランディングとマーケティングを分けて考えることはできません。FICCはブランド戦略から、マーケティング戦略、プロモーション実行、データマネジメントまで、ブランドの社会的意義が優位性となる市場を創り、持続的な成長を可能にするためのブランドマーケティングのソリューションを提供しています。

  • 資生堂
  • レクサス
  • シック
  • Takeda
  • UCC
  • サントリー
  • グリコ
  • アンテプリマ

ABOUT US

PURPOSE DRIVEN MARKETING

  • 持続するブランド
  • 市場を創るマーケティング
  • 心を動かすクリエイティブ
  • 存在意義の共創

10年以上にわたるブランドマーケティングの実績、そして存在意義によるイノベーションの融合

FICCは10年以上にわたり多くのリーディングブランドを支援してきた実績と、その中で培ってきたブランドマーケティングのフレームワークとノウハウが数多くあります。

“持続するブランド”、“市場を創るマーケティング”、“心を動かすクリエイティブ”、そして“存在意義の共創”を叶える確かなフレームワークと、ブランドマーケティングのWHY・HOW・WHATを一気通貫する3つの事業によって、FICCはブランドに関わるすべての人と共に、社会や未来に対して意義ある価値を創造し、意義によって求められ続けるブランドを創ります。

KNOWLEDGE

LEARN TO INNOVATE

新たな価値のために、共に学び続ける

学び続ける全てのマーケターやクリエイターの皆様に向けて、私たちがブランドマーケティングの実績で培ったフレームワークとノウハウを公開しています。

  • 逆境のいまこそ見直したい、ブランドの「設計図」とは?:ブランドホロタイプ・モデルの基本

    この異常な状況の下で、多くの人が通常どおりの広告に多少ながらの違和感を感じていると思う。パンデミックによって私たちの環境は劇的に変化し、広告の大半がその文脈から外れてし...

    続きを読む
  • パーセプションフロー・モデルとは

    マーケティングは複雑なチームプレーを要する企業活動であり、個人の能力によって成り立つものではありません。成功のためにはチームの全員が戦略と実行計画を正しく理解し、それぞ...

    続きを読む
  • ビジョンラダー:ブランドパーパスとプロフィットを両立し、理想を現実に変えるためのフレームワーク

    ビジョンは組織の共有する目標であり、人々を束ね、活気づけるものです。ビジネスの理想の形の定義であると同時に、持続的な成長の原動力にもなり得ます。この貴重な資源を最大限に...

    続きを読む

FICC

メンバーやカルチャーを紹介するブログ

FICCのパーパスに基づく、FICCの組織から生まれている取り組みについてご紹介しています。

  • 共創を通じて人と社会の可能性を広げる。FICCとモーンガータの共創事業「COLOR Again」が目指す未来

    FICCは、「廃棄コスメの100%活用」を掲げる株式会社モーンガータとともに、共創プロジェクト「『COLOR Again』〜色を取り戻そう〜」をスタートしました。このプ...

    続きを読む
  • シエンプレ × FICCで、ブランド価値を「守る」「伝える」。 炎上リスクに振り回されず、本質的なブランドメッセージを伝えるためには

    SNSのユーザー数の増加とともに、近年増えている「炎上」リスク。ブランド側がそのリスクを気にしすぎるあまり、本当に伝えたいことが伝えられなくなったり、クリエイティブがす...

    続きを読む
  • 関わる全ての人に「意義のある伴走者」を目指して。FICCのBX事業部長が目指す価値提供の姿

    今回インタビューをしたのは、FICC BXクリエイティブ事業部で事業部長を務める満留 幸治。前職でマネジメントの経験を積んだ彼は「事業づくりにおいて、社内外関係者全員...

    続きを読む

CAREERS

LEARNING AND GROWING TOGETHER

一人ひとりの想いをブランドや社会の価値に

FICCでは社員一人ひとりの想いを理解し認め合い、関わる人たちそれぞれの視点から新しいイノベーションが生み出すことを大切にしています。

自らの想いや学びで、ブランドや社会の課題解決、そして意義ある価値を創り出したいと思う方からのご応募をお待ちしています。FICCにはブランドマーケティングのプロフェッショナルとして成長できるチャンスと環境があります。