FICC BLOG

FICCのデジタルマーケティングブログ

パーセプションフロー・モデリングとは

荻野 英希 /

パーセプションフロー・モデルは、Coup Marketing Company 音部大輔氏考案のマーケティング・マネジメント・モデルです。一連の購買行動プロセスを、自然な「認識変化の流れ(パーセプションフロー)」として描き、マーケティングの全体像を可視化し、管理可能にするものです。パーセプションフロー・モデリングは、このモデルを構築する工程です。モデルの構築により、マーケティングの計画・実施・測定の一元管理が可能になります。

パーセプションフロー・モデルの構成要素

パーセプションフロー・モデルは、行動、パーセプション、知覚刺激、KPI、メディア・媒体の5つの要素で構成されています。メディア・媒体を通じた知覚刺激により、消費者は新しいパーセプションに気付き、その行動を変えます。この組み合わせは購買行動プロセスの一段階を表し、鎖状につなげることでマーケティング活動の全体像を可視化することができます。

– 行動:認識の変化に伴う購買行動
– パーセプション:行動を左右する情報の解釈
– 知覚刺激:新しい認識を気付かせ、自主的な行動を喚起する外部からの情報
– KPI:成果を示す指標
– メディア・媒体:知覚刺激を効果的・効率的に伝達するもの

パーセプションフロー・モデルの構造化

パーセプションフロー・モデルは、全てのブランドのマーケティング活動に対応するモデルです。FICCでは、汎用性と実用性を両立するパーセプションフロー・モデルのテンプレート化に取り組んでいます。ソースオブビジネスとなる競合の使用から、ブランドのトライアル、再購入、そして推奨までの流れを描き、マーケティングコミュニケーションの設計や、データドリブンマーケティングの実行に活用しています。最新のテンプレートはCoup Marketingのサイトよりダウンロード頂けます。是非ご活用ください。

データドリブン・マーケティングへの活用

パーセプションフロー・モデルは、消費者の行動と認識変化を計測可能にし、粒度の細かいマーケティングコミュニケーションの効果検証を実現します。DMPのデータ構造の基盤となり、施策のROIや、顧客LTVの改善に大きく貢献します。また、FICC独自のKPI設計手法により、エージェンシーに対する客観的なブリーフとフィードバック、そしてパフォーマンスの検証が可能になります。

パーセプションフロー・モデルの普及

マーケティング活動の複雑化に伴い、多くの企業が効果的な管理手法を求めています。パーセプションフロー・モデルは、多くの専門家が協働する現代のマーケティング組織に欠かせないフレームワークであると言えます。現在パーセプションフロー・モデルは、日用雑貨、化粧品、自動車など、様々な業種で活用されています。

パーセプションフロー・モデリングの導入

FICCではパーセプションフローの導入をサポートしています導入をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

パーセプションフロー・モデルはCoup Marketing Company音部大輔氏考案のマーケティング・マネジメント・モデルです。
※パーセプションフローモデリングの引用には上記クレジットの掲載をお願いします。