資源の消費量を減らすことと、経済発展は両立可能なのか

Z世代やα世代の価値観から予測される、近い未来起こる消費傾向の変化を洞察。『資源の消費量を減らすことと、経済発展は両立可能なのか』という問いを立て、メンバーそれぞれの研究領域を、サーキュラーエコノミーの成功事例を通じてクロスシンク。

ビジネスモデル、生活者にとっての価値を考察し、消費を減らしながらもビジネスを維持・成長するために「人々の中で紡がれ語られた意味が主体となるブランド」を創造することの重要性とその定義を見出す。