清涼飲料ブランド 新商品開発支援

ブランドの新規顧客の獲得を目的とし再現性を追求した新商品開発支援

ブランドの課題
顧客ポートフォリオにおいて課題のある世代に対して新商品開発を行う必要があるが、新商品開発の体系化されたノウハウが不足している
FICCの提供価値
ブランドの存在意義とターゲットのジョブからブランド独自のベネフィットを明確化。新しい体験を通じてベネフィットを提供する、新商品のアイディエーションとコンセプトの開発を支援。組織内での再現性を追求し、フレームワークとプロセスを活用した部門横断のワークショップを行い、新商品開発を支援。
CLIENTS
清涼飲料ブランド