Eufy ブランド認知プロモーション

ブランドの独自資源に還元される、世の中の変化を捉えたブランドプロモーション

ブランドの課題
ブランド認知獲得とブランドエクイティにつながるブランドイメージの確立
ターゲットのニーズ
お互いへの感謝と労いを伝え合い、充実した夫婦の時間を過ごしたい欲求を充足
FICCの提供価値
コロナ禍における世の中のポジティブな変化を捉え、PRとターゲットの両軸で認知拡大を図るコミュニケーションを設計
CLIENTS
アンカー・ジャパン株式会社
CREDIT
Producer:宮内あかり、柏雄也、末川瑞歩 / Director:田崎聖子 /Art Director:冨田 一樹 / Designer:小林 慎平
コンテンツ企画・クリエイティブ:株式会社エードット
PR:株式会社マテリアル

世の中の変化を汲み取った発話性のあるコミュニケーション設計

「コロナ禍で夫婦関係にポジティブな変化が生まれている」というアンケート調査結果を元に、お互いへの感謝と労いを伝え合い、夫婦で一緒に楽しむ時間づくりを応援するためのキャンペーンプロモーション。PRやWeb動画、SNS施策などを通して「#掃除のかわりにしたいこと」を募集・発信。
ターゲットがコロナ禍で感じている価値観の変化を捉え、共感できるコミュニケーション、体験に落とし込むことで、ブランド認知獲得と合わせ、SNS上にポジティブな投稿を多く発生させることができました。

ブランド独自のエクイティ構築につながるコンテンツ開発

ブランドのポジショニングを強化し、Eufyブランドが達成するべきエクイティとして「夫婦とEufyの関係性」を伝えるブランド ステートメントやブランド動画を作成。
また、認知施策としてSNSキャンペーン施策を実施し、エクイティ構築を軸とした特設サイト、イラストレーション、キャンペーンギフトボックスなどを新たに作成することで、ブランドの資産となるエクイティ構築に貢献しました。