コミュニティとの繋がりを探求し続ける。現場出身メンバーが経営推進サポートへ行き着いた理由

今回インタビューをしたのは、FICCの経営推進サポートに所属する藤掛 洋平。大学卒業後の2014年にFICCへ入社しメディア・プロモーション事業部で活躍。そして2020年、経営推進サポート設立のタイミングで異動しました。なぜ、最前線の現場から社内のエンパワーメント部署である経営推進サポートへ異動したのか、入社後から変わらない「コミュニティとの繋がりを探求する」という想いについて、そして今後目指すことについて聞きました。

デジタルマーケティングとの出会い

大学の広告論の授業がきっかけで、​デジタルマーケティングに興味を持ち、仕事として携わりたいと考えるようになりました。デジタルマーケティングとは、従来のマーケティングにIT技術などの「デジタル」をかけ合わせた方法なのですが、当時は発展段階にあったため対外的に掲げている会社も少なかった印象です。探す中で偶然にもFICCを見つけ入社することとなりました。入社したばかりのFICCは、メインの事業を制作からデジタルマーケディングへ移行している最中。まさに過渡期の状態だったので、周りのメンバーに比べて全くWeb制作の知識がない僕のような存在は異質でした(笑)。現在はさらに「ブランドマーケティング」へと事業がシフトしたFICCでは、各自専門性を持ちつつ、僕のようにマーケティングを主軸としたメンバーが多いですね。

モチベーションがポジションを確立するきっかけに

入社後は、クライアントであるブランドに対してマーケティングの戦略設計からクリエイティブの実行まで支援するメディア・プロモーション事業部で、プロジェクトマネジメントの領域を担当しました。上司が提案した施策にトラッキングを行い効果測定をする、主に座組を整える業務に携わっていました。納品までの流れを学びながら、徐々にクライアントへの提案も経験するようになりました。

振り返ってみると、今も昔も僕自身のモチベーションになるところが何かを深掘りしていくことの「探求」だと思うんです。データを集計し、その数値を見て「施策に効果が出たか」検証する、データへの「探求」が自身とチームの実績に繋がっていきました。データを扱う立場だからこそ、属人化されていた社内ツールを全メンバーが一定のクオリティで扱えるよう運用ルールの作成とマニュアル化を推進してきました。その中の一つにある「議事録の書き方」は、今でもFICCのトレーニングプログラム※ の必須受講科目となっています。社内サポートの立ち位置も兼任するようになり、徐々にクライアントワークで関わるメンバー以外からも声が掛かることが多くなっていきました。

※トレーニングプログラム:FICCでは、新しいスタッフの入社後2週間をトレーニングプログラム期間とし、集中的にトレーニングに取り組んでいます

経営推進サポートへ異動をしても変わらない価値観

社内サポートの一環で、役員が管理をしていたツールを僕が引き継いだ経緯もあり、代表の森と取締役の戸塚に声をかけてもらい、2020年に経営推進サポートへ異動しました。現在の社内課題でもありますが、役員に属人化しているツールやノウハウ等、可視化されてないものをわかりやすく見える化していく必要性は以前からありました。入社時からずっと「コミュニティとの繋がりを探求する」を自身の価値観として大切にしています。クライアントだけでなく社内のメンバー、さらには外注パートナーとの円滑な関わり方を設計しより良い関係を築いていくことを常に自身の目標としてきました。部署を異動したというよりも、価値観を探求していたら自然とこの立ち位置になったという感じですね。

まず経営推進サポートの第一のミッションは、各部署の売上を上げるためにサポートをしていくことです。サポート施策を考えていく中で、それがFICCのパーパス(ビジョン・ミッション・バリュー)に貢献できているかどうかを重要視しています。そこがブレずに各部署へ働きかけができてこそ「エンパワーメント」と呼べるものになるんじゃないかなと思います。FICCとしてのコミュニケーションという大きな枠組みの中で、施策で効果を上げていくことがここのポジションの要です。

FICCのパーパス(ビション・ミッション・バリュー)

具体的な業務としては、顧客のステータスを管理するための情報ツールを社内でどのように活用していくか設計改善し、全メンバーがツールを使えるよう可視化のためのマニュアルを作成しています。また、FICCへの直接のお問い合わせを増やすために、リスティング広告を出稿し誘導先にあるFICCサイトが見やすくなるよう社内外と連携して情報設計を行っています。

この業務の難しさは、売り上げに直結しやすい施策を優先しながらも、各部署をエンパワーメントする施策も並行して動いていかなければならないということです。各部署の要望に添いつつ、どの部署も損をしないようにバランスを見て施策を考えていかなければなりません。だからこそ、各部署の戦略への理解を深めた上でコミュニケーションを取ることが前提となります。あとは、どの部署もお客さんとのやりとりが最優先事項であり、経営推進サポートの施策にはなかなか時間が割けないことも理解ができます。過去自分が現場にいて心境がわかるからこそ、メンバーと話をするときは「今のお客さんのやりとりにもプラスアルファの貢献にもなるようサポートしますよ」と伝えるよう心掛けています。

経営陣と距離感が近いからこそスキルを伸ばせる

現場にいた時と提案作業をしていること自体は変わりませんが、社内の合意形成をとる人数が単純に増えたのと、その人たちがハイレイヤー層になるので考慮する部分はより増えました。その分スキルは身につきます。経営陣との距離感が近く経営視点でのアドバイスをもらいつつ、自身で手を動かすことができるのはFICCのこの規模感だからこそです。

チーム内の連携でいうと、直属の上司で取締役(CRO)の戸塚とのやりとりが多いです。彼は徹底的に真摯に対応してくれる人で、定期的に行っている1on1でも僕が納得するまで話を聞いてくれます。そんな人柄だからこそ、ウェルビーイングをテーマに掲げて行動されているのも合点がいきます。

経営推進サポートの名前から「経営企画」のように捉える方もいるかもしれませんが、どちらかというとWebディレクターやプロデューサーのように現場の流れを理解している方が向いている業務だと思います。もうひとつ言うと、自分が大切にしている信念や価値観という抽象的な概念から施策に落とし込める方だと、会社への理解がブレずに各部署との連携ができるかと思いますが、働く中でも徐々に身に付けられます。僕もそうでしたから。

経営推進サポートとして目指す先

結成してまだまだ歴の浅い部署だからこそ、今後は、FICCの中で経営推進サポートとしての価値を上げていきたいと考えています。そのためには「各部署との連携とチーム内の体制強化」が必須です。この視点を持ちながら、より良い繋がりを探求しアクションを続けていきたいと思います。

執筆:深澤枝里子(FICC)

現在FICCでは、経営推進サポートのメンバーを募集しています。募集の詳細についてはこちらをご確認ください。