多様性表現の画一化

『社会的コンテキストを配慮した結果、多様性表現やコミュニケーションに画一化が起きている現状の中で、私たちはどのように向き合えば良いのか?』という問いを見出し、メンバー個々の興味領域である、時代の社会的背景を捉え、過去から現在までの広告事例を分析したクロスシンク。

多様性はもはや “前提である” という共通認識を持ち、ブランドの独自のビジョンを起点に独自のベネフィットコミュニケーションを見出すこと。そして、企業内外の言動の矛盾の払拭、また、政治・経済・社会状況を捉え時代を超えて最適化を行い続けることの重要性を見出す。