CULTURE

KEEP GROWING AS A TEAM

チームで成長し、より良い価値提供を目指す

FICCでは、社員一人ひとりが成長し、チーム全体が成長することで、クライアントへのより大きな価値提供につながると信じています。また、様々な経験や専門性を持っている「人」たちと働くことこそが、会社に多様性を与え、価値の可能性を広げると考えています。

その考えに基づき、FICCでは個々やチームが強くなるための環境や制度を整えています。

ENVIRONMENT FOR GROWTH

個々が成長し、チームとなり、より大きな価値を生み出す

FICCでは、社員一人ひとりがプロフェッショナルとして成長できる環境や制度と、チーム全体がより強くなり、会社としてより大きな価値提供ができるようになるための文化があります。

着実に成長できる環境

FICCには、戦略的かつ着実に成長するための環境が整っています。デジタルマーケティングに関する社内トレーニングや外部講師を招いた最新トレンドの勉強会のほか、より高いレベルのビジネススキルを身につけるための外部のトレーニングサービスも自由に受講することが可能です。また、社員一人ひとりが着実に成長するための制度も充実しています。

  • トレーニングプログラム

    社員で作成・運用しているトレーニングが多数あり、社員は自由に受講可能です。

  • オンボーディング制度

    入社後一定期間、業務フローやスキルを学べる準備期間を設けています。

  • アドバイザー制度/成長目標設定

    全社員一人ひとりに対してアドバイザーがつき、年間の成長目標と四半期ごとのアクションプランを設計しています。

  • トーマツ Biz CAMPUS

    トーマツイノベーションが提供している社員研修サービスを自由に受講することができます。

  • 自己啓発支援制度

    セミナー参加や書籍購入などの費用を会社が負担しています。

会社やチームがより強くなるための文化

FICCでは個々が学び成長しチームになることで、より大きな成長、そして価値提供につながると信じているため、チームがより強くなるための文化が数多くあります。また、各分野の知識や業務プロセスのフレームワークを大切にしています。特に、デジタルマーケティングにおけるフレームワークは社内の共有資産と考え、常に新しく生み出しています。

  • プロジェクトレビューミーティング

    プロジェクト終了後にチームでレビューを行い、社内全体で成功例や失敗例の共有を行います。

  • プロジェクト管理シート

    プロジェクト進行管理の上で必要な情報やチェック項目をまとめた管理シートを、社内全体で共通で使っています。

  • 定例ミーティング

    プロデューサーやディレクターなどポジションごとに実施し、情報共有を行っています。

  • フレームワーク

    ワンページメモやパーセプションフローの考え方など、各分野の知識や業務プロセスのフレームワークを数多く導入しています。

FICC | FICCのカルチャーを紹介するブログ

カルチャーやチームワークを育む環境

社内の様子や社員のインタビューなどFICCのカルチャーをご紹介しています。

  • 「恋の始まりは相手を知ることから」ブランドと恋に落ちさせる”ブランドストーリー”の導き方とは ― FICCデジタルマーケティング講座レポート

    FICC初の試みとして、外部の方を対象にしたデジタルマーケティング講座を1月25日(水)に開催しました。第1回目となる今回のテーマは「ブランドストーリー」。ブランドのこ...

  • プロジェクトにおける最高の翻訳者であること ― FICC京都を支える村松勇輝の働き方

    多くの企業が東京に集まるなか、2013年1月にFICC京都を立ち上げたデジタルエージェンシー・FICC。5年目を迎えたいま、立ち上げリーダーであるシニアプロデューサーの...

  • 「カッコイイからやりましょうは通らない」データドリブンであり続けることが私たちの価値提供

    「データドリブンであり続けることが、私たちにとっての価値提供」そう語るのはFICC入社2年目のサレス樹里在と、入社3年目の米川あかり。プロデューサーとして働く彼女らは日...