将来の姿を見据えた カンパニーブランド定義を策定

各種イノベーション支援サービスを運営する株式会社マクアケのブランド定義を実施、定義作成の過程で社員を交えたワークショップを開催。社員の業務から自身が会社に提供できるバリューを思案することで、会社に対するエンゲージメントを高め、ブランドに対する理解を促進し、業務に対する意識改革を行うことに成功した。

社内の歴史的資産を動画化 常時活用可能な ブランディング資源に

UCC上島珈琲内に眠る歴史的資料やコーヒーにまつわる知見、プロフェッショナル向けの情報などを動画化し、活用可能なブランド資源に変換。目的やターゲットに応じ各動画を活用可能にした。またSNS上で各動画を連続的に視聴させることで好意度や推奨度などを向上、測定する施策も行った。